ローン借り換え時のトータル費用シュミレーション【ローンチャンネル】

車やマイホームを購入する際にローンを利用すると思いますが実際にどれくらいお金がかかっているのでしょうか? - トータル費用のシュミレーション方法

トータル費用のシュミレーション方法

a1180_008764車のローンと住宅ローン
実際に車を購入する際に、金融に関して検討したいと思います。
実際に、車といえば、住宅につぐ大きな買い物ではありませんか。
実際にみなさん簡単に購入出来る訳なく、
だからローンという話しになってしまう訳です。
実際に車を購入するたいとうことは、
車体価格に対しての料金の支払いになる訳です。
大体新車のことをお話しすれば、
30万円程度プラスになるということでしょうか。
実際にみなさんは、車を購入する際に融資を受ける訳ですが、
融資って、車そのままの金額と
思っている人たちも中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
利子のことをしっかり考えていらっしゃるでしょうか。
利子に対して車のローンは相当な金額を支払いしている訳です。

車に30万ローン組んだ場合

a1180_010284
実際にローンの仕組みは車も家も同じです。
もし、車に30万円程度多くローン組んだことによって負担かかるなら、
住宅ローンなら、100万円と言った感じでしょうか。
住宅ローンの場合は、物件紹介業者との
契約仲介費用と言ったお金までかかってきますからね。
3000万を固定利子3%なら、35年支払い続けて・・・。
結局、その利子だけで、ささやかな自宅を
購入出来てしまうほどの金額なのです。
実際にみなさんが多く、住宅ローンを組む訳ですが、
それほど慎重にならなければならないものが
住宅ローンというものの正体です。

返済総の算出方法

a0002_011042
住宅ローンを組む時や借り換えをするときは、
金利と返済総額の関係性を
しっかり把握しておく必要があります。
その説明を簡単にしていきます。
金利とは、一言でいえばお金の貸し借りの際に
発生する手数料のことですよね。
住宅ローンの場合、大きな金額になってきますから、
たかが手数料といっても馬鹿にできません。
金利がたった1%違うだけで、
数百万単位で返済額が変わってきたりするのです。
例えば1000万円を借りて35年で返済する時、
金利が2%であれば返済総額は約1400万円です。
それが金利が3%になると、
返済総額は約1600万円になります。
200万円も増えてしまうのです。

ローンを何年で返済するのか

a1180_003500
ホムロンと言えば住宅ローン借り換え
┗ローン返済のお役立ちサイト
借入金がもっと多額になると、差額ももっと大きくなります。
例えば3000万円を借りて35年で返済する時、
金利2%の場合は約4100万円です。
そして金利が3%になると、
約4600万円にもなるのです。
500万円も変わってくるとかなり大きいですよね。
このほか、借り入れ金額が同じでも、
返済期間によっても返済金額の
総額は大きく変わってきます。
このような要素と自分の月々の
返済能力をしっかり考慮して、
住宅ローンを組んだり借り換えをしなくてはいけません。
自分に合ったローンが組めれば、
返済が楽になるのは確実です。
そうすれば、普段の生活にも潤いが出ますよね。